沿革

HISTORY

日鉄住金鹿島総合サービス株式会社 沿革

1984年  4月 鹿島総合サービス株式会社として設立
1989年  4月 住金鹿島総合サービス株式会社に変更
9月 橋梁事業部発足
1995年  4月 住友金属工業株式会社からの移管に伴い、直鋳事業部発足
1996年  4月 橋梁事業部が(株)住金橋梁センターへ移管
1997年10月 株式会社鹿島ビジネスサービスの営業権の譲受
2000年  7月 工事部門を(株)鹿島テクノスへ移管
防災業務をフソウ警備防災(株)へ移管
2003年  1月 一般労働者派遣事業、有料職業紹介事業の免許取得
2007年  1月 印刷部門・厚生施設管理部門を当社全額出資の子会社である、住金鹿島ビジネス株式会社へ事業を譲渡
2012年10月 日鉄住金鹿島総合サービス株式会社に社名変更
2014年  7月 人材派遣事業を(株)パソナへ譲渡
日鉄住金鹿島総合サービス株式会社から日鉄住金ビジネスサービス鹿島株式会社に社名変更

日鉄住金警備防災株式会社鹿島支社 沿革

1986年10月 住友金属工業株式会社 保安業務を継承し、設立(鹿島支所、波崎支所)
1988年  2月 常駐警備業務開始(関東グレーンターミナル株式会社)
3月 住友金属工業株式会社 鹿島製鉄所の保安業務継承完了
1989年  4月 茨城県警備業協会加入
6月 機械警備業務開始
1994年  4月 消防設備点検・工事業務開始
1997年  9月 機械警備金融機関業務開始(中央労働金庫)
2007年  1月 直江津支所(新潟県上越市)を開設
2009年  1月 フソウ警備防災株式会社から住金フソウ警備防災株式会社に社名変更
2012年10月 住金フソウ警備防災株式会社から日鉄住金警備防災株式会社に社名変更
2014年  7月 日鉄住金ビジネスサービス鹿島株式会社警備防災事業部としてスタート

日鉄住金興産株式会社鹿島支社 沿革

1967年10月 東泉興産株式会社として会社設立
1968年11月 宅地建物取引業開始
1974年  3月 住金興産株式会社に社名変更
1975年  6月 東京支社開設
鹿島支社開設
2000年10月 住金振興株式会社と住金興産株式会社が合併。
社名を住金興産株式会社とする。
2002年  7月 住信リース株式会社にリース事業を譲渡
2009年  7月 住金プラント株式会社に建設事業を譲渡
2012年10月 日鉄保険サービス株式会社に保険代理業を譲渡
日鉄住金興産株式会社に社名変更
2014年  7月 日鉄住金ビジネスサービス鹿島株式会社サービス事業部寮・社宅管理課としてスタート

日鉄住金マネジメント株式会社 沿革

1994年  6月 住金マネジメント(株)鹿島事業所設立
茨城クレーン学校認定
1996年10月 人材育成センターを業務移管
1998年  2月 茨城県職業認定校認定
1999年  2月 人材開発センター 旅館業取得
安全体感教育開始
2007年  4月 登録教習機関として各種技能講習開始
2012年10月 「日鉄住金マネジメント株式会社」に社名変更
2015年10月 日鉄住金ビジネスサービス鹿島株式会社教育事業部としてスタート
2014年7月1日
日鉄住金鹿島総合サービス株式会社を承継会社として、
日鉄住金警備防災株式会社鹿島支社並びに
日鉄住金興産株式会社鹿島支社と事業統合し、
日鉄住金ビジネスサービス鹿島株式会社として新たに発足しました。

2015年10月1日
日鉄住金ビジネスサービス鹿島株式会社は、
日鉄住金マネジメント株式会社の鹿島事業所における教育関連事業を
分割統合しました。

このページの先頭へ